医療法人社団 幡内科消化器科医院

医療法人社団 幡内科消化器科医院|香川県、高松市、天神前、クリニック、内科、消化器内科

〒760-0018 香川県高松市天神前6−18
TEL:087-835-3366 FAX:087-835-3367
トップページ»  診療案内

診療案内

風邪(鼻づまり、鼻やのどの粘膜の乾燥、くしゃみ、鼻水、のどが痛む、せきが出る。などの症状)

風邪は、鼻からのどまでの上気道を中心とする部分に、ウイルスや細菌が感染して急激に起こる炎症です。

実際に風邪をひくと、気管や気管支などの下気道にも炎症が広がっていく場合も少なくありません。原因になる病原体はたくさんありますが、その80~90%はウイルスで200種以上にのぼります。

疲労やストレス、睡眠不足、栄養バランスの偏り、寒さ、乾燥などの要因が重なると発症しやすくなることが知られています。
 
風邪

 

インフルエンザ

インフルエンザウイルスが病原で起こる疾患です。A型、B型、C型の3種類があります。潜伏期は1~3日くらいで、患者が咳をしたりするとウイルスが空中を浮遊し、それを人が吸い込むことで感染します。治療は症状出現後2日以内に開始します。
 
インフルエンザ

 

糖尿病

糖尿病は、食事で摂った糖をエネルギーに変えるときに必要なホルモンであるインスリンの異常から起こる病気です。インスリンの産生や分泌が不足したり、インスリンが十分に働かなくなると、血液の中にブドウ糖が溜まり糖尿病の状態となります。腎臓病や動脈硬化による心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症、目の網膜症、各種癌のリスクとなるため、早期の診断治療が必要です。食事療法や運動療法が基本ですが、病状によっては内服治療やインスリン導入などが必要となり、定期的な検査を要します。
糖尿病

 

脂質異常症(従来の高脂血症)

脂質異常症とは、血液中にコレステロールや中性脂肪などの脂質が異常に増加した状態をいいます。

長く続くと動脈硬化が生じ、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などのリスクがあがるといわれています。
脂質異常症(従来の高脂血症)

 

高血圧症

血圧とは、心臓から送り出された血液が血管壁に対して示す圧力のことです。血液は心臓が収縮した時に送り出され、拡張時に心臓に戻ります。心臓が収縮した時の血圧を収縮期血圧(または最高血圧)、心臓が拡張した時の血圧を拡張期血圧(または最低血圧)といいます。

長期の高血圧によって、動脈硬化を引き起こし、動脈硬化による狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、腎硬化症などをおこす可能性が高くなります。
高血圧症

 

胃炎

急性胃炎は、消火器の病気の中でもっとも多いもののひとつです。胃壁の粘膜に急性の炎症やただれが起こり、腹痛などが起こります。

慢性胃炎は、胃の粘膜に慢性の炎症が認められる場合をいい、その多くにヘリコバクター・ピロリ菌という菌の感染が関与しています。ピロリ菌感染は胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因となることに加え、慢性的な胃炎が持続することが胃癌発症と大きく関わっていることがわかっています。ピロリ菌感染の有無については胃カメラで胃の状態を確認し、血液検査や呼気試験などで評価します。ピロリ菌の除菌は1週間内服薬をのむだけです。慢性胃炎の症状はあまりないことが多く、胃の症状がない方でも一度は胃カメラ、ピロリ菌検査をすることをおすすめします。
胃炎

 

食道炎

食道炎とは、食道の炎症です。
特に多いのが逆流性食道炎で、胃酸などが食道に逆流して食道の粘膜を障害し、炎症が起きたり潰瘍ができたりします。
胃酸の食道への逆流を防いでいる筋肉の力が低下すると、胃内容物が逆流すると考えられています。

 

過敏性腸症候群

通勤途中、電車を降りてトイレに駆け込むことがよくあるとか、おなかの調子が心配で、外出する気になれないという人は、この病気が考えられます。過敏性腸症候群は「検査をしても異常がない」ことが特徴ですが、おもな原因はストレスです。ストレスによって自律神経が乱れ、腹痛や下痢、便秘の症状を引き起こすのですが、一度症状がでるようになると、「またおなかが痛くなったらどうしよう?」という不安がストレスとなり、新たな症状を引き起こしてしまいます。

 

肝炎

一度に肝炎ウイルスの感染によって生じ、急性の肝障害が起こる病気を急性肝炎といいます。発熱や黄疸その他症状が急激に現れます。

急性肝炎を起こす肝炎ウイルスは、ウイルスが直接肝臓に毒素を放出して障害を起こすことにより、ウイルスに感染した肝細胞からウイルスを排除しようとして免疫機構が働き、ウイルスに感染した肝細胞まで一緒に破壊してしまうために起こります。ウイルスの型によっては慢性化し、肝硬変を経て肝臓がんに至ることがあるので的確な治療が求められます。